カテゴリ: 秋葉原ネタ

先日の祝日、ナツゲーミュージアム目的で秋葉原に行ったけど、家電のケンちゃんでメガドライブソフトを全部所有していることで有名なUcchiiさんに遭遇。というか声を掛けられた。

メガドライブミニ発売週にメガドラユーザー界で有名なお方にお会いできるなんて何という偶然!こいつぁあ縁起がいいぜ!


現在Ucchiiさんはゲームギアコンプリートを目指しているとのことだけど、是非とも頑張っていただきたいです!


…自分はとっくにコンプは挫折しているけどな…(涙)

IMG_0290

ただたくさんソフトを手に入れるのは楽でも、コンプリートなんてよほど愛がないと途中で面倒になるんだよね…。


ちなみに秋葉原行って買ってきたのはサムスンのmicroSDカード512GB
秋葉原に行って本当にそれだけ。
IMG_2770
もちろんNintendoSwitchLite目的で買ったけれど、肝心の本体まで予約してねえや…予約qなしで買えるのかな?




●本日購入したNintendoSwitchソフト
IMG_2775
・ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドRETRO

いままで買ったNintendoSwitchソフトはこれで522本目。

事前告知なしでいきなり配信されて驚いたんだけれど、リメイクのニンテンドー3DS版が150時間以上遊ぶほどお気に入りだったので購入。
IMG_2683

早速最初のイベント(ホイミンが仲間になる)までプレイ。

IMG_2771

IMG_2773
IMG_2772
IMG_2774
遊んだ感じ、タイトルにRETROとあるようにオリジナルのゲームボーイ(モノクロ版とカラー版との共通)版をほぼそのままの移植なんだね。グラフィックをカラー版にしたり、スーパーゲームボーイ風にしたり、セーブが一つできない仕様も一緒。


ドラクエモンスターズシリーズはニンテンドーDSで出た『ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2からなので、モンスターをスカウトする仕様が異なるのが新鮮。まだ序盤だから今のところ何とも言えないけれど、遊んだ感じオリジナルの方がテンポいいな。


さすがに今遊ぶには歩行スピードが『星をみるひと』並み(少し誇張)に死ぬほど遅すぎるのでSwitch版では高速モードも搭載しているけれど、それでも足が遅く感じるから、当時これをストレスなく遊んでいた昭和時代の人は凄すぎるな…(笑)


ただ、これが3DS版ベースの移植ならばいいけれど、オリジナルにあった通信機能(交換や対戦)がないのに価格が1620円(税込)は高く感じる。3DSのバーチャルコンソールで出たGB版ポケモンは高いながらも通信周りは再現できてたので、どうしても比べてしまう。通信できなくても、RPGとして面白いからいいけど…。

IMG_2754
秋葉原のゲームセンター「ナツゲーミュージアム」が休館すると聞き、最終日に行ってきた。

しかし休館するとアナウンスしながら、タイトルの入れ替えが結構あって
本当に休館する気があるのか!

と思った(笑)

取り敢えず遊んだタイトルを適当に。


・ジャンプバグ
IMG_2740
ジャンプスクロールアクションとしては最初期に当たるのかな?同ジャンルの『パックランド』『スーパーマリオブラザーズ』よりも時代を先取りして出す辺りがセガ!(棒)
それはともかく駄菓子屋ゲーセン定番タイトルとしても有名だけど、当時はそれだけ基板が売れたんだろうなあ。コピー基板も多かったとPC98版を作ったマインドウェア市川社長が言ってたけど(笑)


・スクランブルフォーメーション
IMG_2751
セガの『スクランブルスピリッツ』といつも間違えてしまうけど(汗)、当時としては超絶的じに描き込まれた背景グラフィックが圧巻のタイトーの縦スクロールシューティング。
難易度が高くて苦手なゲームなんだけど、地上の敵が破壊し難いのが難易度を上げている要因なんだよなあ。
IMG_2749
ちなみにナツゲーに置いてあったのは東京ネズミーランド(笑)が設置されてある初期バージョン。後期版では該当部分が差し替えられたバージョンが存在するけど、噂だと舞浜の遊園地関係者に叱られたらしい。ここで疑問なんだけど、もしそれが本当ならばその関係者って相当ゲームが上手いぞ!何せ東京ネズミーランド(笑)が出るのが最終面だし!このゲームを最終面に行ける腕前って相当なものだぞ!



・ハレーズコメット
IMG_2741
こちらも同じくタイトーの縦スクロールシューティング。奇しくもどちらもフォーメーション要素があるゲームだ(笑)
敵の攻撃をかわすだけでなく、地球側にダメージを受けないよう可能な限り敵を撃ち落とす必要があり、その両方を意識しないといけないから難しい。
家庭用ではファミコンディスクシステムとゲームギアに移植されているけど、タイトルは『ハレーウォーズ』に改題。商標的に問題があったのかしら?



・フィッター
IMG_2760
こちらもタイトー作品で、ジャンルは固定画面のアクションゲーム…
というか、ルールが複雑すぎて遊び方が理解できん!
昔のゲームはシンプルで分かりやすいんじゃないの?昔の人と今の人のシンプルの基準がよくわからないなあ(棒)



・ガーディアンズオブザフードIMG_2748
IMG_2744
今回遊んだゲームで初めて知ったタイトルがアタリのこれ。
アタリの実写格闘だけに『ピットファイター』の続編のように見えるけれど、動きとか操作系統は大体そんな感じ。
IMG_2745
IMG_2747
ステージ序盤ではベルトスクロールアクションのように次から次へと登場するシーンが始まり、ステージの最後にボスとのタイマン3本勝負が始まる流れ。相変わらず大味な部分があるけれど、遊びやすさ、抑えめな難易度から『ピットファイター』よりは遊べる出来だけど、知名度が低いのが前作が偉大すぎたのかも知れない。
やっぱ残虐行為手当以上のインパクトには勝てないヨ!


他には『THE END』『ジュノファースト』『ゴールデンアックス デスアダーの逆襲』『ファイナルスターフォース』などをプレイ。

最終日とあってか混雑が凄まじくてゆっくりゲームを遊ぶ事が出来なかったけど、それでも珍しいタイトルが遊べて満足!
ナツゲーミュージアムは珍しくて貴重なレアタイトルを可能な限りオリジナル筐体での稼働を目指しているので、当時の感覚のまま遊べるのが魅力。今回のアナウンスでは閉店ではなく休館となっているので、いつかは再開してくれることを願います。

FullSizeRender

http://www.t-tax.net/natuge/


消費税増税のせいかは知らないけれど、各地のゲーセンが9月で閉店するという話を聞いてたけど、ナツゲーミュージアムも遂にこの日が来てしまったか…。

昔のゲームを可能な限りオリジナル筐体で稼働したり、レトロゲームファンでさえ見たこと無いようなレアゲー(つまり当時はインカムが無くて直ぐに撤去されたような作品やあまり表沙汰にできないコピー基板など)が稼働してあったりと、それ故に正直ワンプレイ100円で採算が取れるかどうかも怪しげな部分もあったけど、それでも9年も続けられたのだから素晴らしい。
ただアナウンスされたのは休館であって閉店ではないので少しは期待したい。同じ秋葉原にあるトラタワも、レトロゲームコーナーが壊滅的になってしまったし…うーん…

ちなみにナツゲーで遊んだゲームで思い入れあるタイトルはタイトーの『マリンデート』。IMG_0008
タコをトラックボールで転がして操作し、パターゴルフの要領で制限回数内でゴールに辿り着くのが目的のゲーム。難易度の上昇が緩やかで遊びやすいゲームだったけど、トラックボールという特殊なインターフェイスもあって、そのせいかナツゲー以外で見たことなく、今後そう簡単に遊べなさそう。




●メガドライブ版ダライアスはなぜメガドライブミニに収録されたのか。キーマン4人にインタビュー

イベント名は伏せられているけれど、何年か前にゲームレジェンドと同日に行われたゲーマーズヘブンで展示していたダライアス(ただしボス連戦モード)がベースだったのか!以前そうじゃ無いかと噂になってたけれど、これで納得!

しかし、かつて個人が勝手移植したゲームがオフィシャルで販売されることがあったけど、それがこうやって実現させたのだから夢のある話だよね。
記事にある通り、メーカーの公認を取るために各社がチェック入れたり、完成までに様々な苦労はあったようだけど、それでも40代でイチからプログラムを覚えて、それで完成させて、しかも商品になるのだから、作った本人としてはこれ以上にない念願だろうなあ。

実際におもちゃショーでメガドライブミニ版ダライアスを遊んだけれど、他のメガドライブソフトに勝るとも劣らないクオリティで、かつPCエンジンよりも少ないパレット数でありながら見た目がPCエンジン版とパッとでは見分け付かないグラフィックで、個人制作の神移植ゲームが商品化される例が以降も続くといいなーと思う。

まあマイナーなタイトルじゃ商品化は難しそうだけど。流石に三輪サンちゃんは…^_^

現在メインで遊んでいるのはアストラルチェインなんだけど、ようやく相棒のレギオンの使いに慣れつつある。


で、同僚と話していて気づいたんだけれど、これってナムコのリブルラブルっぽいよね。ツインスティックでプレイヤーとレギオンを操作して、両キャラとの間に繋がれている鎖で敵を囲うところが(笑)


しかし、某攻略Wikiは酷いよな。FullSizeRender

PS4にアストラルチェインが出たら買う人は当然いるだろうけど、そもそもWikiを読む人にはこんな情報なんていらないだろうに(笑)


ところで消費税増額まで一ヶ月を切ったけど、大きな買い物をするならば今のうちだね。とりあえず今月の大きな買い物はNintendoSwitchLiteくらいだけど、レトロゲーム好きな人は高額なソフトなんだろうな。

そんで先日、秋葉原で久々にメガドライブのWWFロウが税抜42万で売ってたけれど、消費税8%と10%との差は8400円。IMG_2660
今のうちに買えば新作フルプライス分浮くけど、そもそもWWFロウなんて買う予算ないよ!!!

あとエリミネートダウンってハードケース欠品でも結構するのな。IMG_2659
これもコロンパスサークルのグレイランサーのようにパッケージイラスト描き下ろしで復刻してくれるといいなあ。元のイラストが微妙すぎて、これじゃ当時いくらシューティングゲームが下火だったとはいえ売れなくても仕方ないよね。

あと、日本のマスターシステムで海外のマスターシステムソフトが遊べるようになる廣島交易製のアダプターって今でも34800円と結構な値段するのな。サイバーガジェット製のアダプターでも代わりになるけど、あっちはスタートボタンがないので、モンスターワールドIIドラゴンの罠といった一部のタイトルが遊べないのは難点なんだよね。

先日の日曜は出勤日&健康診断だったけれど、秋葉原にセガ5号館が出来たと聞いて、当日雨だったし、ちょっと遠いけれど、来週はいけそうもないから仕事上がりにそのまま秋葉原へ…。

店の入り口付近ではセガ焼きが売ってたので、記念にいっこ買ってきた。中身カレーで一個250円。
イメージ 1
正直、250円ほどのものじゃないけれど、記念で買う分にはまあまあ手を出しやすい価格かな?とりあえず裏には社訓である「創造は生命(いのち)」が激熱!
イメージ 2
4階のうち3階までプライズなんだけれど、4階はレトロゲームフロア。

どの筐体も人が常についている状態だったので撮影しなかったけれど、ビデオゲーム以外だと今となっては見なくなったピンボールが充実していたり、アトラス製の野球盤を初めて見たりと、レトロゲー寄りながらナツゲーやミカドといったレトロゲーセンとは違った趣なのがよかった。

そうそう、当時遊ぶ機会がなかったスーパーモナコGPがオリジナル筐体で稼働してたのは感動!
イメージ 3
イメージ 4
メガドライブ版ならばそこそこ遊んだけれど、このアーケード版はシフトチェンジがパドルシフトになっていてすごくやり易くなって感動…なんだけれど、うまくハンドリングしないとスピンして車体がくるくる回るのな…かなり難しい…

あとセガといえばスペースハリアー…ということで久しぶりにムービング筐体以外のアーケード版を見た(笑)
イメージ 5
プレイ料金は200円と稼働当時の価格だけど、そこも併せて当時の感覚で遊べてもう最高!いや、当時アーケード版を遊んだことないんだけどな(爆)
イメージ 6
で、プレイは9面で終了。やっぱブラウン管で遊ぶレトロゲームは最高だな。

ところでスーモナもスペハリもやたらブラウン管の状態がよくてびっくり!当時モノとは思えないぐらい綺麗に映るんだけれど、よく管理できているなあ。

他にも5号館では、スーパースプリントやモナコGP(スーパーじゃない)、サイバータンクといった今やなかなか見ないタイトルもフォローしてあって、さらにレトロゲーセンに置くには微妙に新しめの大型筐体モノがあるなど、他の系列店と上手く差別化されてなかなかに穴場だな。
表向きはダーツフロアっぽいけど(笑)


ゲーセンといえば有楽町のザボンが今月25日で閉店と聞いて、いまどきゲーセンを経営するのは厳しいと思うと同時に、秋葉原だけでセガのゲーセンが5店舗もあるのはなかなか狂っている(汗)

ザボン、上海シリーズが5台稼働してあったときはさすがサラリーマンの街だと思った(笑)



●NintendoSwitchカタログチケット購入
さっそく、
イメージ 7
・マーベルアルティメットアライアンス3
・ファイアーエムブレム風花雪月

とソフト交換。

エムブレム最新作の購入は決定事項だったけれど、アルティメットアライアンス3は前作を遊んだことがないどころか、そもそもゲーム内容を全然知らないんだけれど(アクションRPGであることさえ交換後に知ったw)、マーベルキャラがいっぱいで楽しそうだなと(笑)

↑このページのトップヘ