カテゴリ: 買い物

image
ゲームギアソフトが収録されているということで発表時からチェックしていた『ハンディゲームマシンコンプリートガイドデラックス』だけれど、残念ながら刊行中止のアナウンスが。

主婦の友インフォスさんのコンプリートガイドシリーズはメガドライブ本2冊関わった縁で献本として何冊か頂いてたので今回の本はきちんと買おうと思った矢先で今回の件は非常に残念。
関係者としては(直近に迫った発売日を見ると)完成どころか既に製本も済んでいただろうから想像を絶するほど無念なんだろうなあ。自分も多少ながら同社のメガドライブ本に関わったからお気持ちはわかってるつもりです。せっかく時間と予算を掛けて作った本が世に出ないのは辛いですから…

どんな理由で発売中止となったかはわからないけれど、いつしか出る事を願っております。据置ハードは割と語られることがあっても、ゲームボーイアドバンス以前に出たマイナー携帯ハード(つまり任天堂以外のハード)は普及しなかったのか当時でも関連書籍が出なかったので、この本はまさに待望の本だったんだよね…





●真・女神転生IIIノクターンHDリマスター
image
発売(10/29)まで1週間切ったのであらかじめダウンロード。
個人的にメガテンシリーズは3年前に発売された『真・女神転生ディープストレンジジャーニー』をクリアした以来だからとても楽しみ。

メガテンといえば、バンダムがSwitchで出した『ナムコットコレクション』で初代メガテンの『デジタルデビル物語 女神転生』が有料DLCとして遊べるんだけれど、久々に遊んでみて今どき遊ぶRPGじゃないなと思った。
3Dダンジョンなのに、オートマッピングがないのは昔のゲームだから諦めるにせよ、自分がどの方向に向いているか画面を切り替えないとわからないから迷い易いし、文字送りが異様に遅くてオートバトルに頼りがちだけど一部の戦闘ではそれが罠だったりするし、仲魔(仲間)にできる悪魔は今の目で見ると少ない上に悪魔合体の面白さもまだ途上的な作りだったりと、このシリーズは次のIIで完成されたんだなと思い知った。昔のRPGはシンプルなんじゃなくて、シンプルすぎるが故にシステムが整ってなく不親切というのが自分の持論。まあSwitch版はパスワードセーブ使わなくてもセーブできるのが利点だから、当時クリアを諦めた人にはいいかも知れないね(昔のファミコンRPGはパスワードコンティニューの面倒さで遊び続けるのが億劫になってしまうユーザーも少なからず居た)。

子供達に人気があると言われる『フォートナイト』。これがプリインストールされたNintendo Switch本体が11/6に発売が決定されたけれど、まさか基本無料タイトル仕様の本体まで発売されるとはフォートナイト人気は自分が思っている以上に凄い。しかも、ゲーム内通貨を含む各種特典が付きながら本体価格は変わらないというのだから、これがきっかけでフォートナイトプレイヤーが増えそうな予感。
フォートナイトは最近Appleと揉めたけれど、それとは逆の展開となったな(笑)



フォートナイトで思い出したけれど、知り合いのレトロゲーム好きのおじさんが子供達と一緒にレトロゲームを遊びたがっていたのに、実際はフォートナイトやマインクラフトばかり遊んでいてレトロゲームに見向きしてくれないと嘆いていたなあ。
彼(レトロゲーム好きおじさん)の気持ちは分からないでもないけれど、個人的に子供達には今流行りの物を率先してやって欲しいと思っている。
自分の少年時代を振り返って見ると、今思えば何であんなのにハマっていたんだろう?と思うものでも、少年時代の記憶に残っているのは当時の流行の物ばかりで、あれから20年30年経った今でも世代同士での共通のネタにできるからあの時に熱狂した思い出は決して無駄じゃなかったと思っている。
だから今の子供達には好みの程度はあるけれど、自分の世代には馴染み無いレトロゲームよりも、自分が興味を持った流行のものをどんどん触れて欲しいんだよね。特に基本無料のフォートナイトなんてサービスが終了したら(基本的には)遊ぶことができず、当時のプレイヤーの思い出にしか残らないから尚更そう思ってしまう。

というか、自分の父親が少年時代だったゲームを自分の少年時代に遊んだか?それを今でも遊んでいるか?と言われたら基本的にノーでしょ!少なくとも自分の父親の少年時代に流行ったベーゴマなんて一度しか遊んでないぞ!
だから、世のお父さんは自分の子供にレトロゲームを押し付けるとは言い過ぎでも、レトロゲームをやらせて興味を持たなくても嘆いちゃダメですよ。せめてやらせるならば実機じゃなくて現行機で遊べるレトロゲームじゃないと!

「レトロゲームは遅延ない環境で実機でやるべし」
と、ブラウン管テレビ用意しろ、フレームマイスター用意しろ、それぞれの機種に合ったケーブル用意しろ、とか言ってきたら、若者どころかオレでさえ面倒になってレトロゲームが嫌いになるわwww
「昔のゲームは今と違って手軽に直ぐに遊べるから良いよね」というのは今のゲームをまともに遊んでない人による嘘だよね。レトロゲームを実機で遊ぶだけでもこれだけの手間と物が必要な時点でマニア以外には敷居が高すぎるよ…(それを理由に自分でさえメガドライブ実機を10年近く触れてない訳だし)





●ダライアスコズミックリベレーション
image
Amazonプライムセールで注文した『ダライアスコズミックリベレーション』。結局Switchの通常版を選択。年末に掛けてレトロゲーム系の出費が多すぎて、とてもじゃないけれど特装版を買える度胸がなかった(笑)

ところでダライアスコズミックリベレーションは略して『ダライアスCR』と呼ぶらしい。なんかパチンコみたいでいいな(嘘)





●ダライアスEXTRAのMD互換機版のBEEP特典
まさかの巨匠・末弥純氏描き下ろしのアナザージャケット!
メガドライブユーザーにとっては『ハイブリットフロント』『シルフィード』のジャケットイラストで知られるイラストレーターだけれど、よくBEEPさんは店舗特典を超ビッグネームに依頼できたなと感心してしまう。
デザイン発表が楽しみ!






●ダライアスEXTRA関係者の座談会
MD互換機をメガドライブと言えない大人の事情…。

そういえばよくハードメーカー公式で実機でも遊べるファミコンソフトやらメガドライブソフトやらの新作を出せ!という意見をいまでもよく見かけるけれど、ハードメーカーにして見れば何十年前に生産終了どころかサポートが終了したハードの新作ソフトが動くかどうか保証するのは困難だし、そもそもサポートに絡むコストが掛かることを思えば現実的じゃないよね。

その意見に対する反論で、昔のハードは頑丈だから今でも起動するファミコンやスーファミやメガドライブ本体の入手は容易と言われそうだけれど、それはたまたまで、その意見は生存バイアスでしかないよね。そもそも今のテレビに接続する事でさえ難しいというのに(汗)

image
先日、Gモードより『マジカルドロップDX』が配信されたので早速買ってみた。

このマジカルドロップDXは昔、同社より配信されたガラケーアプリバージョンをNintendo Switchへ移植したもの。
かなりの忠実な移植らしくフレームレートがガタガタで、これなら倍額出してアケアカNEOGEOで出てるマジカルドロップ2か3を買った方がいいかも…?
いや、今となっては遊べること自体がレアなガラケー版ということに価値がある!

それはそうとデータイーストの一部版権を持つGモードはかつてガラケーで『トリオ・ザ・パンチ』を出していて、当時は初移植ということもあってダウンロードして遊んだんだけれど、ガラケーで遊び易いようチューニングされていてアーケード版よりも好きだった(読み込みの関係でアーケード版のようにテーマ曲が延々流れないように変更されてるけれど)。こちらもSwitchに出てくれると嬉しい。アーケードアーカイブスでも移植が予定されているだけに比較もできるしね。

あ!流石にファイターズヒストリーダイナマイトと餓狼伝説がコラボした横スクロールアクションは流石に移植は無理だろうなあ(笑)




●CERO以外のレーティング機関?
任天堂はCERO以外のレーティング団体で審査されたゲームを国内配信する方針さそうだけれど、これによって従来とは違った表現方法のゲームが出るのか?それともますます規制が厳しくなるのかはわからないけれど、今後の展開が気になるなあ。
主に海外メーカーに対する処置みたいなもので、単純な脱CEROみたいな流れにはならないだろうけど。

image
SNSでガンダム一番くじの景品としてEG(エントリーグレード)の非売品ガンプラがあると聞いて、近場のセブンイレブンへ何軒か寄ってみたけれど、何処にもクジをやってる様子がなく、結局フリマアプリでゲットしてしまった…。

とはいえ、目的のRX78-2とRX78-3と、SDエクスタンダードのガンダムの3セットで送料無料3200円は自分的に安い買い物だったりする。
SNSでの戦利品報告を見ていると、明らかに要らないであろう皿を当てる人を結構見かけるので、多少高く付いた分は地雷を回避した金額と見れば全然大した事ない(笑)




●ゲームギアミクロ、遂に我が家に!
image
image
数ヶ月前にエビテンで予約した限定のセットが遂に到着!
画像からは伝わらないと思うけれど、本体だけでなくパッケージまでが小さくてびっくり!エビテン限定のスモークGGのパッケージは真っ白で味気ないけれど、オマケだし仕方ないところかな?
image
前回のメガドラミニも凄かったけれど、今回のゲームギアミクロも実際に遊ばせる為に、デザイン的なデフォルメがあるとはいえ、当時ゲームギアのユーザーにして見ればパッケージも本体も感涙のデザインなのがもう最高!
奥成さんがメガドラミニから引き続き担当してあるだけあってファンアイテムとしてとてもわかってる作り。
image
自前のゲームボーイミクロとの比較。あれだけ小さいと思ってたゲームボーイミクロよりもさらに一回り小さく、液晶の横幅もゲームボーイミクロのそれより6/10くらいのサイズで、一瞬見辛いんじゃないかと危惧していたけれど、当のゲームギア自体の解像度が低いので、ドットサイズが大きい事もあり実際はそこまで見辛くない…のかな?
image
取り敢えずゲームを実際に遊ばないと始まらないと思い、まず最初に起動させたのが『ガンスターヒーローズ』。
ゲームギアでも『GGアレスタII』と並ぶ個人的に大好きなタイトルだったので、最初にゲームギアミクロで遊ぶならばこれと前から決めてたんだよね。
GGガンスターを語ると長くなるので今回はスルーするけれど(笑)、難易度ノーマルでエンディングまで遊んだ感想は思ったよりも全然遊び易い!
ボタンが小さくてうっかりボタン同時押しをしたりしたけれど、今となっては液晶の質が悪い実機とは違い、残像が起こらず明るい液晶画面のお陰でそこそこ認識し易い。まあ老眼の人になると事情が変わってくるのでそこは何とも言えない(汗)






●中山美穂のトキメキハイスクール 任天堂から発売されたファミコンディスクシステム用アドベンチャーゲーム『中山美穂のトキメキハイスクール』の開発に関わったスクウェア(現スクウェア・エニックス)の田中弘道氏のツィート。

これがCEROの介入のないダウンロードソフトならばまだしも、1987年当時のコンシューマになるとパッケージでソフトを売るしか方法がなかった時代と考えると無謀も程があるよね。完成から工場への生産、そして全国への出荷まで考えるとかなりタイトなスケジュールになるかと思うと、磁器ディスクだからこそ可能だったんだろうな(それを差し引いても数十万本と在庫を用意したものだから凄い事に違いない)。ROMカートリッジならば生産に3ヶ月前後掛かるし、今のダウンロード販売を利用しても発売するにはCEROの審査が避けて通れない以上とてもじゃないけれど発売日の2日前にマスターアップを超える記録は今後生まれないだろう。しかし、ここまで切羽詰まってたとは当時は壮絶な現場だったんだろうなあ。

先日、エムツー社のM2 Shot  triggersの生放送を観ていたんだけれど、
ケツイPS4の新展開、ダライアスコズミックレベレーション、ゲームギアミクロ、データイースト作品の移植…と盛り沢山の内容の中で、個人的に一番興味持ったのはSwitch/PS4リリース予定の『アレスタコレクション』!
セガ8bit機で発売されたアレスタシリーズ4作品収録で、エムツーがアレスタシリーズの版権を獲得してから12年経った成果が今ようやく披露できると思うと涙を禁じ得ない(言い過ぎだけどそんな感じ)。
image
image
SNSの感想を見ると、やはり発売当時からなかなか見なかった『GGアレスタ』に注目している人が多い印象。あと日本未発売ながら『Power Strike II』割と持ってる人が多いんだな。さすがセガマニア!(笑)


生放映の翌日である9/17よりアレスタコレクションの予約が開始されたんだけれど、当日0:00から開始したBEEPでは速攻で予約終了、9:00から開始したヨドバシも数十分で収録したのだから凄い!(通常版はまだ受付中)
image
聞くところにあると数は十分に用意してあるみたいだから、受付再開まで待ってみるか…(予約が間に合わなかったw)




●ニンテンドー3DSシリーズ生産終了
image
何年か前にNewニンテンドー3DSが終了したというアナウンスは聞いてたけれど、それ以降にに出た同LLやニンテンドー2DS、Newニンテンドー2DSLLも生産が終わったのね。

パッケージソフトの供給自体は2019年発売の大戦略が最後となったので、本体も近いうちに終わると思ってたけれど、今は良い感じでNintendo Switch Liteに移行してきたので需要は満たされたんだろうな。
Newニンテンドー2DSLLとSwitch Liteの価格差を見ても5000円しか変わらないので、今から3DSシリーズを買おうとする人は既にソフトを幾つか持っている既存ユーザーくらいだろうけれど。予備ハードとして買うならば今年中に買った方が良いのかも。

既に生産終了したハードであるWiiやDSiのストアが終了したのを見ると、3DSのストアも近いうちに終わるかも知れないから(実際に一部の海外では終了)、いつかは買おうと検討してたユーザーは今のうちにダウンロード販売専用ソフトを購入した方がいいかも知れない。
取り敢えずセガ野郎はセガ3D復刻シリーズだけでも必ず買え!(笑)




●マッドストーカーMD発売中!
image
image
新潟のゲームショップ・メディアマックスで予約してた9/17発売のメガドライブ互換機対応ソフト『マッドストーカー』が発売日到着。メディマ購入特典はアクリル製キーホルダー。

セガ非ライセンスソフトとはいえ、元々工画堂スタジオより発売予定にあった没タイトルがコロンパスサークル&オペラハウスの手によってこうやってROMカートリッジとして復活し、そして今手元にあるなんて、当時期待してた自分にとって夢のようだ。流石に26年も待てば途中で存在を忘れてたけれど(汗)

↑このページのトップヘ