カテゴリ: 買い物

DMCといえばカプコンの『デビルメイクライ』だけれど、15年くらい前は若杉公徳先生のギャグ漫画『デトロイト・メタル・シティ』というくらい当時は大ブームだったんだよね。
滅多に漫画の単行本を買わない自分でさえ買って読むくらいは好きな漫画で、後半になるにつれ根岸とクラウザーとのギャップ差が縮まって途中で読まなくなったけれど、DMCファンの誤解によって数々のクラウザー伝説が生まれる序盤がシンプルに面白かった。

そんなDMCなんだけれど、大ヒットしただけに映画化やアニメ化等、当然のようにメディアミックス展開され、ゲーム化もこの中に含まれながらも、長引く開発期間の中でDMCブームが去ったのか、発売中止になったんだよね。

そんな発売中止ソフトという認識でいたニンテンドーDS版DMCだけれど、ふと駿河屋の買取サイトを見ていたら…
FullSizeRender
なんと買取ページに登録されている!

しかもJANコードまであるし!
どんな意図があって登録されたのか気になるけれど、サンプル版でも出回ってるのかしら?

駿河屋のデータベースを信用するならば本来の発売日は2010年のようだけれど、実写映画やアニメが2008年公開だった事を思うと、その2年遅れての発売はいくらゲームが面白くてもキャラゲーとしては致命的すぎる。ライトユーザーが大半を占めていた当時のDSユーザー層を見ると尚更発売中止が正解にさえ思ってしまう(汗)





●任天堂社員はSNS禁止?
昔、うちの職場に元任天堂社員が面接に来た際に「気持ちはわかるけれど(彼に)前職について訊くなよ」と言われたんだけれど、その時は特に何も思ってなくて、しばらくして今後任天堂関係者に会える可能性の無さに勿体無いなと思って、任天堂社員に接触する方法を考えてみたんだよね。
そこで真っ先にSNSが思い浮かんだんだけれど、調べてみたら任天堂社員誰もやってない!
社員である事を隠してやってる可能性も当然あるけれど、少なくとも任天堂社員と匂わせる発言をしている人が見当たらないんだよね。

これは憶測でしかないんだけれど、任天堂は社員に対してSNSを禁止している可能性があると見ている。その根拠の一つに『Downwell』の作者がかつて任天堂に所属してた時期に一切Twitterでツィートをしてないのが気になるんだよね。

守秘義務を徹底しているのが何となくわかるけれど、Bloombergの望月記者の業界関係者をでっち上げた記事を見ると確かにそういう処置をしたくなるわな(笑)


任天堂ネタの取材に熱心なオロチさんのでさえ

>あと任天堂に問い合わせるのが筋というコメントもありましたけど、任天堂は基本的に公表していること以外は教えてくれません。

同じく任天堂コレクターとして有名な山崎功さんと数年前の忘年会にお会いした時(あの酒缶さんも同席!)に著書の事を聞いたことがあるけれど、本を出す際に任天堂に問い合わせたら(ニュアンス的に何を書いても自由だけれど)自己責任的な対応以上のことはなかったと仰ってたのが印象的だった。そしてその時にちゃっかり山崎さんにサインをいただいたのはここだけの話だ(爆)

なので、任天堂のことを調べようにも過去に公開されてる資料以上のことを調べるのは、関係者に接触できない以上は難しいんだろうなあ。

山内元会長や岩田元社長、ファミコンの生みの親の上村氏、G&WとGBの生みの親の横井氏等、当時を知る関係者が亡くなられるのを見ると今後ユーザーが知り得る機会もなくなり、そういった意味で任天堂社員にはSNSで過去の逸話を発信して欲しいんだけれど、この現状を見る限りは無理っぽいね。資料をそのまままとめればいいと思うかも知れないけれど、メディア向けに脚色する事もゲーム業界には普通にあるので鵜呑みにすると危険…というのが、近年ハドソン関連で思い知らされたんだよね(笑)

「ほぼギャルゲー専用機」として愛用しているNintendo Switchに入れてあるMicroSDカード512GBの容量がいっぱいになってしまったので、さらに容量が大きい1TBのMicroSDカードを求め秋葉原に。

大容量のSDカードってネット通販で買うと容量詐欺がある…というネガティヴな情報をSNS等でよく見るので信用のあるリアルショップで毎回買い物をしているんだけれど、秋葉原のSDカード価格って交通費を掛けて行ってもネット通販よりも安く買えるので重宝しているんだよね。しかもその店は100円を余計に払えば半年の保証をしてくれるので、安心感があるしね。

そんな感じで先日の日曜日に秋葉原にて、1TBのMicroSDカードを16500円で購入し、そのあと秋葉原ブックオフでニンテンドー3DSガチャ(一回300円)を3回回してみた。

戦利品はこんな感じ。
IMG_7779
3DSガチャは
・立体ピクロス2
・パズドラ 神の章
・モンスターハンターX

3DSソフトの中古相場は全然詳しくないけれど、総額900円でこれは悪くないと思う。モンハンXは既に持っているとはいえ、他2本は未所持だしね。

しかし、秋葉原で値段の大小関わらずレトロゲーム見ても全く欲しくならない辺りに自分は成長したなと思ってしまう。まあ今更アナログテレビ時代のレトロゲーム買ったところで今のテレビに接続するのは難しいし、携帯ハードでも当時の液晶は今の目で見ると辛いものがあるし(故に最新の液晶に換装するユーザーがいるわけだが)、同じ手間暇掛けるならば現行機で配信されてるレトロゲーム買った方が気楽だからね。

夕飯は大井町でトンカツ定食を召し上がる。
IMG_7780
久々に奮発して厚切りのロースを。この店のキャベツ用ドレッシングが美味しくてヤミツキなんだよね。






●ここ数日のSwitchプレイ履歴
FullSizeRender
これの少し前はアトラスの『十三機兵防衛圏』を進めているので、今進行中の『ペルソナ5スクランブル』と合わせてどんだけアトラス作品が好きなんだよ、と自分でも思う。前年末は『真・女神転生V』にハマってたしな。

ところで先週発売された『奇々怪界 謎の黒マント』なんだけど、今のハードでここまで緻密なドット絵や細かいアニメーションを見せてくれるだなんて、良い意味でおかしい。ただゲームとしては面白いんだけれど、だからといって幅広い層に狙ったお手軽万人向け難易度ではなく、中型のザコが硬いせいかオリジナルのスーパーファミコン版よりも難しく感じる。他の人の意見見ても、単なる自分の腕が落ちてるわけじゃ無さそう。

しかし今回の黒マントの謎をやってみて、改めて本来『奇々怪界2』として開発されていた『雪ん娘大旋風』を奇々怪界シリーズとして出さなくて結果的に良かったと思う。プレミアだからといって欲しいユーザーを結構見るけれど、一度Switch版をダウンロードして冷静になったほうがいい。正直、配信価格の1500円でも、アーケードアーカイブスのゲームが900円以下で買えると思うと高い買い物に見えてしまう(汗)

以前、駿河屋でレトロゲームの箱や説明書のみの買取が開始された事が一部レトロゲームファンの間で話題になったけれど、先日Twitterで

「りばーすきっず(任天堂非ライセンスのスーファミソフト)の箱のみの買い取りが一万円」

というツィートを見かけ、幾ら何でも嘘だろう駿河屋の(当時の)サイトを確認したら本当だった!

実は3年くらい前に秋葉原の家電のケンちゃんで『りばーすきっず』の箱だけを一枚300円、それを3枚(1人3枚までの購入制限があった)買ったんだよね。
IMG_7675
その時は珍しい物を売ってるな、と思って何気なく買っただけだったので、そんな経緯で買ったパッケージがそこまで高くなるとは思えないじゃないですか!

実際にその値段で売れるか気になって気になって仕方なかったので、駿河屋のその情報を知った数日後の日曜日、買取コーナーで査定してもらったら…
FullSizeRender
本当に一万円で売れました!


どっかのマニアショップみたいに見えない傷(?)があるとかイチャモン言われて査定額を下げられる事なく買い取ってくれるのは、売る側としては嬉しいね。

それはそうと買取レシートに個人情報が載るのな、駿河屋って(笑)
そう、自分は44歳のサラリーマンなんですよ!(意外すらない)

買取担当スタッフはまだレトロゲームの箱説だけの買取が行ってることを周知してなかったのか、査定に戸惑ってる様子だったけれど(なんと買取担当スタッフはこれがスーファミソフトのパッケージという事さえ知らなかった!)、その様子だと贋作がもし買取に来たら大変な事になりそうな気がする。カートリッジ以上に判別が難しい贋作が作られそうだけにね。むしろこの手のジャンルの買取は専門のマニアが多く在籍しているまんだらけこそが向いてると思うんだけどなあ。

しばらくしたら在庫過多で買取価格が下がりそうな感じ。下手なレアソフトのパッケージの買取よりも高いしね。

ところで買取コーナーで待ってる間、炊飯器の査定をしてもらっているお客さんが居たけれど、駿河屋って家電も取り扱ってたのね。ハードオフを狙ってるのか、もうなんでもありだなあ。






●秋葉原ブックオフで3DSガチャ
IMG_7706
お金に余裕ができたので運試しで3DSガチャ(300円)をやったら、黒カプセルの当たりが出て、中身は『ポケットモンスターウルトラムーン』だった。ケースなしとはいえ、中古でもそれなりの値段をするこれが300円で当たるなんてちょっと嬉しい。

先日配信されたシュー大祭にて各社から様々なシューティングゲームが発表されたけれど、個人的に気になっているのはシティコネクションが発表したタイトーのS-TRIBUTEシリーズ。
IMG_7672
S-TRIBUTEの意味は、同社が以前コットンシリーズやガーディアンフォースを出した時に名付けられたサターントリビュートと同じだろうと思われるけれど、アーケード移植が当たり前な世の中で敢えてコンシューマ版移植は攻めてるなあ。

ラインナップ見る限りタイトー販売ソフトだけでなくビング販売のソフトも含まれているけれど、セガサターン版の移植という事は、『エレベーターアクションリターンズ』をクリアすると初代エレベーターアクションが遊べるようになるのかな?

個人的には『レイフォース』のセガサターン移植版となる『レイヤーセクション』のラインナップ入りが嬉しい。27年ほど前セガサターン版を予約してまで買った身からすると、アレンジされた曲も含め思い出深い。初めてサターン版をやった時は家でアーケードの完全移植のゲーム(少なくとも当時はそう思ってた)が遊べる事に感激して、続く同年発売の『ダライアス外伝』も発売日に買ったんだよね。確かゲーメストのムックも込みで。





●ニンテンドーDSソフトケース
IMG_7657
裸のニンテンドーDS&3DSソフトを収納するためにソフトケースが欲しかったんだけれど、これが全然見つからないんだよね。駅前のヤマダ電機どころか、秋葉原行っても見ない。あっても満足いく枚数が収納できなかったりで、結局フリマサイトでバルク品(ソフト22枚&SDカード2枚まで収納可)を安価でゲットしたけれど、改めて3DSは過去のハードなんだなと認識。
これに限らず3DSの関連商品が店頭から消えつつあるので、特に消耗品である液晶フォルム辺りは今のうちに押さえた方がいいかも知れない。流石に専用バッテリーに関しては元から店頭では見ないけれど、これも押さえるべきなんだろうなあ。

ここだけの話、ファミ通のアーケードアーカイブスの記事で『エンパイアシティ:1931』がセイブ開発のゲームだと初めて知った。

それまで、GMOレーベルから発売された『タイトーゲームミュージック』にこのタイトルが収録されていたから、てっきりタイトーのゲームだとずっと思っていたぜ…

しかし、セイブ開発のゲームとして見れば、後年同社より発売された『ダイナマイトデューク』と幾つか共通点がある(スティックとボタンで操作するガンシューティング風のアクション等)ので、この2作は精神的なシリーズと言えそう。この流れでデュークもアケアカで出して欲しいよね。

そういえば東芝EMIより『マグナム危機一髪』とタイトルを変更されれ移植されているけれど、スペックを考えるとよくできてた気がする。キャラが大きいからファミコンじゃ再現できないと思いきや、一度に複数の敵が出現するゲームじゃないのが幸いだったのかも。しかしなぜタイトルを変更して出したのか疑問だ…





●ブックオフのニンテンドーDSクジIMG_7636
一回300円ということもあって見かけるとついチャレンジしたくなるけれど、今回も当たり!(2回目)

さっそくソフトと交換。
IMG_7635
タイトルは『名探偵ピカチュウ』。
貧乏臭く、交換条件の上限である税込1980円のソフトと交換したかったんだけれど、めぼしいのが全然なくて、色々考えて結局妥協してこれに。300円が1100円のゲームになったから悪い話じゃないけれど(笑)

3DS版の時点で難産なタイトルだったそうだけれど、発表されながらも続報がない続編のSwitch版は本当に出るのかな?


そういえばブックオフの3DSコーナーはやたらとモンハンシリーズの在庫があったのが目についたけれど、圧倒的に多かったのは『モンスターハンター4』だったな。仏恥義理で。
IMG_7634
今からやるならばアッパーバージョンの『モンスターハンター4G』だろうから、この先も無印4は売れ残り続けるんだろう(汗)

これがクジの中身にならなくてよかった(笑)

ちなみにうちのモンハン棚はこんな感じ。
IMG_7637
やっぱモンハン4が一番ダブってる(笑)

逆に『モンスターハンターダブルクロス』は一本しかないけれど、その代わりNintendo Switch版でもう一本持ってたりする。

↑このページのトップヘ