カテゴリ: アニメ・コミックネタ

実は鑑賞し終わってから結構経ちましたが、アニメ『機動戦士ガンダム00』をファーストシーズン・セカンドシーズン・劇場版とマラソンを10日で達成しました!
イメージ 1
シリーズで初めて分割4クールで放映しただけあり、製作の進行に余裕があったのか、毎回の作画が安定しているし、物語の展開にスピード感があってダレないし、某SEEDシリーズのように総集編がないし(苦笑)、それぞれの話の区切りがファーストシーズンとセカンドシーズンでそれぞれ完結しているのもいい。話が4クールずっと続いていると観ている方が疲れるので2クールごとで一区切りは有難かったです。
 
アニメの感想を書く(というか文章を書くこと自体)のは苦手なので簡単に書きますが、とにかくガンダムシリーズでは珍しく綺麗に完結しているのがよかったです。ガンダムシリーズで特別な能力を持つ人間は、宇宙世紀だとニュータイプ、SEEDシリーズはコーディネーター(本作ではイノベーダー)と呼ばれていますが、従来ではそれらの能力が物語の効果としていまいち分かりにくい描写だったのに対し(少なくとも自分はそう感じた)、イノベーダーの能力はセカンドシーズンで段々と明らかにされ、それがラストに繋がるのは今までのガンダムシリーズにはない見事な着地点(次点は逆襲のシャア)で、それはもう感動的です。もはや人間でなくなった主人公と老いたヒロインが再会するラストは今までに観た事がない無いロマンスで素敵でした。
 
00本編通してお気に入りのキャラは「不死身のコーラサワー」ことパトリック・コーラサワー。何度も自身が駆るMSが撃墜されようが、明らかに死亡フラグを立てながらも無傷で帰還する云わばコメディキャラですが、シリアスな物語の中で、上官であるカティ・マネキン(後にパトリックと結婚)だけでなく、観ている方の緊張感もほぐしてくれるなかなかのキャラでした(笑)。
そういった意味で、熱血的で言っていることが変質者的な(?)グラハム・エーカーもそれに近いキャラでもありますが、セカンドシーズンのミスターブシドーとしての再登場、仮面キャラとして出る必要性があったのだろうか?(笑)
 
 
 
なおガンダムシリーズで一番観ていて辛かったのは『機動戦士Vガンダム』でした。もうぶっちぎりで。
イメージ 2
放映当時(1993年。Jリーグの開催年でもある)高校一年生でしたが、その年齢でこれは本当に厳しかったです。それ以降の時代となると2年後には『新世紀エヴァンゲリオン』とか、近年では描写がアレな各種深夜アニメが放映されているので当時を知らない若いファンがVガンを観ても何も感じないかも知れませんが、当時の視点で見ると本作はファーストガンダムを知らない世代(現在40歳前後)に向けて主人公ウッソの年齢をシリーズでは最年少の13歳に引き下げたり、モビルスーツのデザインを子供にも描き易いように線を少なめのシンプルなデザインにしたりと、明らかに視聴層を低年齢に向けて作られていると見せかけてこれだから…。
ええ、全く覚悟せず観ていたからかなりのトラウマですよ。
あれから多くの作品に触れたので、もしかしたら今観たら評価が変わるかも知れないですね。それとファースト主題歌の「向こう側に何もなくても構わないから」という歌詞、今は理解できませんでしたが、富野監督自らの作詞ということだけあって今だったら何となくわかる気がします。ある意味で富野作品の頂点ですね。
しかし、ウッソはメンタル強いなあ。これがZガンダムのカミーユだったら1クールぐらいで精神崩壊を起こすよ!(爆)
 
 
 
個人的にはVガンの次に放映された『機動武闘伝Gガンダム』が好きでしたね。
イメージ 3
世間的には「こんなのガンダムじゃない!」と言われているようだし、自分もGガンの発表があった時は「ガンダムで格闘モノかよ…」と思い、とりあえず第一話をオンエアで観たら…ハマりました!監督が同じというのもあるけど『ミスター味っ子』の演出をガンダムに持ってきたのがとにかく最高でした!
あまりにもの破天荒さで気付きにくいですが、改めて観なおすとガンダムのテーマ性に沿った話で(人類粛清とかMFが一斉に集まるラストシーンとか)、むしろガンダムだからこそ成り得た作品だということに気付きます。シリーズ恒例の変な格好の仮面の男も登場しますしね(笑)

先日の日曜、6/18(土)より秋葉原UDXで開催された『聖闘士星矢30周年展』に行ってきました!
イメージ 1
車田正美&秋田書店の超人気コンテンツという枠組みに収まるどころか、80年代後半のアニメ業界や玩具業界に「聖衣(クロス)物」という新たなジャンルが確立させるなど、その影響力は計り知れず、日本のみならず、世界各国に多くファンを生み出し、この展示会でも世界中のファンによる長蛇の列が作られました。
私が行ったのは2日目だったので30分程度しか並びませんでしたが、初日は3時間待ちだったそうで、改めて星矢人気の凄まじさを実感しました。
 
ところでさっきの「クロス物」の件ですが、星矢人気にあやかってバンダイが『ガンダムクロス』『ビックリマンクロス』という玩具を発売してたのを見て、子供(当時小学生)ながら「ガンダムやビックリマンの商品にクロスの名前を付けるのはどうなのよ?」と思ってしまいましたが、それは余談です。
さらに当時、「クロス物アニメ」としてサンライズの『鎧伝サムライトルーパー』やタツノコプロの『天空戦記シュラト』が放映され、こちらも高い人気を誇ったのですが、それに続くようにコナミ(ハドソン)の人気ゲームの『桃太郎伝説』のアニメ版でもクロス物に仕上がっていたのはさすがに苦笑しましたが、これも余談ですね(笑)
 
展示会のいくつかは撮影禁止なので残念ながら画像は載せられませんが、入場券を買い(1,500円)中に入ってみると、会場には生原稿の数々が…
これは本当に圧巻です!同じ聖衣の描写でも、青銅(ブロンズ)や白銀(シルバー)や黄金(ゴールド)の聖衣をスクリーントーンやホワイトを効果的に使ってうまく差別化がされているのがわかります。また、印刷に写らない部分が見れるのも生原稿の魅力で、見開きを使ったド派手な必殺技のシーンがどんな技法を使って再現しているのか今回の展示会で確認することができたので、漫画家の仕事に興味を持つ人は一度はプロの漫画家の生原稿を見ることをお勧めします。個人的にアイオリアの必殺技、ライトニングプラズマの光速表現を「網目」で表現していたのには斬新に感じられました(笑)
 
次のブースでは、1986年より放映されたアニメ版(全114話)、及び劇場版6作、2003年よりOVAとして公開された冥王ハーデス十二宮編以降の資料が展示されていました。
今でも通用するような美麗な作画の数々を見ると、キャラクターデザインと作画監督を手掛けられた荒木伸吾氏&姫野美智氏による功績の大きさを実感しました。技術的な面で見ても、キャラクターの色分けに従来のアニメ以上の色を聖衣の光沢感に使われているのは、アナログのセルアニメ時代としてはかなり潤沢な予算で作られたことがわかります。
驚くべきことは、単行本の一巻が発売される前から作業が始まっていたとのことで、少ない資料でアニメ独自の世界観を生み出さなければいけない状況(原作とほぼ同時進行なのでそうせざるを得ない)だった為アニメオリジナル設定が作られ、それによって原作との矛盾が生まれてしまった部分もありますが(特にクリスタル聖闘士の存在)、アニメ版はアニメ版で高く評価されたのは、どれだけアニメ版は一流のスタッフに恵まれていたかわかると思います。もっとも、視聴率合戦が最も激しい土曜日のゴールデンに放映だから、当時の現場は相当なプレッシャーだと想像できます。
それにしても、TVシリーズの「海皇ポセイドン編」をたった15話で完結させたのは今思えば凄いなあ。原作のエピソードを削りまくったせいでカノンの最後は空気だったけど(苦笑)
また、このブースではモニターとCGを使った、擬似的に天馬聖衣(ペガサスクロス)を装着できる個室が用意されていました。モニターに映し出された自分の全身にアニメ版の聖衣装着シーンのように下から順に聖衣を纏っていきます。小学生当時にこの技術ができていたら…と思ったほど、聖衣に憧れていたことを思い出しました(笑)
 
次のブースはこの展示会のために作られた映像の上映。
TVシリーズの素材を編集したものと、完全新規で作られた映像の何バージョンが上映されましたが(およそ10分ほどの映像)、その映像に合わせて「ペガサス幻想(ファンタジー)」「ソルジャードリーム」が流れるのは最高が熱かったですね!できれば新生青銅聖衣をまとった星矢の新作映像も観たかったですが、それは残念ですね(笑)
 
ここからは撮影可能エリア。
 
今回の展示会のために作られた、金メッキで豪華に光り輝く等身大の黄金聖衣12体(アニメ版規準のデザイン)がとにかく大迫力!
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
言うならば玩具の「聖闘士聖衣大系」を実物大にした感じですが、さすが等身大だけに迫力が違います。特に牡牛座(タウラス)は全長210センチもあるだけに、威圧感はまさに原作イメージのままでした(笑)
 
そして隣のブースでは『聖闘士星矢』ではお馴染みのフィギュアシリーズ「聖闘士聖衣大系(セイントクロスシリーズ)」を含めた関連グッズの展示。
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
80年代に発売されたシリーズのみならず、OVA「冥王ハーデス十二宮編」が展開された以降に発売されたマイスシリーズや、より高いクオリティで仕上げたEXシリーズなど、市販されたものはほぼ全部展示されました。さすがに全部をブログに載せるのは大変なので一部だけ載せます(汗)
 
他にも、マイスシリーズにはこんなニッチな商品まで…
イメージ 11
 
人気キャラのみならず、原作ではわずかしか登場しないやられキャラのワンシーン(画像は白銀聖闘士リザドのミスティの水浴びのシーン)をわざわざ商品化してしまうあたり、星矢のコンテンツの凄さを再確認させます(笑)
 
他にも、放映当時に発売されたボードゲームや電子ゲームや
イメージ 12
直接、右手や胸にはめるレーザー流星拳や
イメージ 13
 
そして、聖衣マスクシリーズなども展示されていました。
イメージ 14
この聖衣マスクシリーズは、いわゆるコスプレアイテム的なものですが、人気のペガサスやドラゴンはともかく、子供には不人気な女性っぽいイメージのアンドロメダまで商品化されているあたりに、当時の人気ぶりが伝わります。当時買った人は他のクロスに比べて少なさそうだけど(笑)
 
ちなみにファミコン版『聖闘士星矢 黄金伝説』をはじめとしたゲームソフトの展示は今回はありませんでした。念のため。
 
 
最後の売店では会場限定のTシャツやバッチやらフィギュア、5万以上する箸置きや10万以上もする皿など、さすがにどれも高かったですが(稼ぎが少ないのよ…)、私が今回買ったのは比較的安かったこれ。
イメージ 15
当展示会のパンフレットとコミック風メモ帳と、以前、週刊少年チャンピオンで連載された車田正美先生の自伝コミック『藍の時代 -一期一会-』
 
『藍の時代 -一期一会-』はチャンピオン連載版から読んでましたが、とにかく凄いですよ。主人公の東田(車田正美先生)が、漫画家を目指すいきさつや、原稿持ち込み時代の数々の挫折、そして念願のプロデビュー、そして無事プロデビューはしたものの読者アンケートの結果次第では打ち切りが決まるという、どんなに人気作家であっても生存することの厳しさなどを、車田正美先生の漫画家人生を車田テイストで表現されています。全8話構成でありながら名前が設定されている登場人物が5名死んでいる時点で、下手な車田連載作品の中で最も熾烈な内容だと分かっていただけるはずです!自伝漫画なのに!!
しかしこの漫画では車田正美先生は週刊少年チャンピオンで壁村編集長と出会いプロデビューしたとされていますが、私の記憶が間違いなければ確か集●社の週刊少年ジャ●プがプロとしてのデビューだったような気が? いや、巨匠車田先生がそう仰る以上はチャンピオンでのデビューが史実でしょうし、ジャン●でデビューという輩はきっと何かの勘違いをしていると思われます。
つまり車田先生は、手塚治虫先生や水島新司先生といった大物作家と同じ土俵(チャンピオン)で争ったことになります!まじすげえ!!
事実、今週発売の●ャンプではこの30周年展の宣伝が一切ありませんでしたから、やはり私の記憶違いだったのでしょう!(力説)
…すみません。確かに冒頭で「この物語は事実を元にしたフィクションである」とあるのですが、フィクション部分が大きすぎて、単行本の最後に記載されている関係者たち(壁村元編集長遺族や各出版社など)はどう思っているのか気になるところです(笑)
 
そういえば、打ち切りコミックとしてよくネタにされた車田先生の伝説のコミック『男坂』のジャンプコミック版も展示されていました!
イメージ 16
週刊プレイボーイで不定期で打ち切りになった以降の物語が連載再開されましたが、どうしても作家として勢いがあった当時のパワーが続編に感じられない上に、社会性を取り入れてしまった為にやや説教臭い内容になって正直微妙でしたね。やっぱあのラストシーンで終わってこその男坂です!
イメージ 17 
 
話が脱線しまくりましたが(いつものことだけど)、UDXという会場を使っている関係で入場料が高めとなっていますが、よほど期待しない限りはよかったと思います。
車田版星矢やテレビアニメシリーズ中心の展示で、オリジナルテレビシリーズの『聖闘士星矢Ω』はほんのちょっとフォローしてあって、他の車田先生以外の作家が手掛けた外伝作には触れていませんが、そこで怒るファンはいないでしょう(笑)
 
今回の展示会の最大の目玉はやはり等身大の黄金聖衣12体の展示で、この圧倒的な豪華絢爛さは実際に見て感じ取ってみて欲しいですね。
入場制限しているおかげで各展示をじっくり見ることができましたし、来られたファンもきちんと会場のルールを守っていたのもよかったです。
 
展示会は6/29(水)までなので気になる人は秋葉原UDXへGo!
 
 
ところで東京国立博物館では古代ギリシア展が行われていますが、ギリシア繋がりで『聖闘士星矢』とのコラボをやっているそうです。
イメージ 18
当の車田先生は『聖闘士星矢』を連載する際にギリシアへ取材に行ったことは過去に一度もないそうですが(笑)

いよいよ2015年も今日が最後になりましたねえ。

ところで私は大晦日でありながら今日は出勤日でしたが、仕事を終えてから(実際は途中で抜け出して)コミケに行ってました(爆)

今日は早朝の4:00出勤で、仕事あがりが14:00前。そしてコミケ終了時間は16:00。
あまりにも無謀すぎるスケジュールですが、行かないわけにはいきません!

というわけで行きましたよ東京ビッグサイト!

イメージ 1
男性向けの薄い本(隠語w)目的で本当は一人で行くつもりでしたが、「コスプレイヤーを見てみたい!」と知り合いの女の子(何と!まだハタチ!)に誘われて、結果的に2015年をリア充な日を過ごすことになりました。超久しぶりに(笑)

会場に入る前にコスプレ広場でレイヤーさんを撮影しましたが、その中でお気に入りのレイヤー画像を貼っておきます。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
普段、女の子を堂々と見る環境で過ごしていない為、「ギャラリーが付くことを目的としたコスプレイヤー」が集まるコミケは、コンマ1ミリも女運がない私にとって天国でしかありません!

画像を載せませんでしたが、この寒い会場において中には露出度の高いレイヤーさんもいて、ここでは大きく書けないものが色々と奮い立ちました(アホ)

実は今回はもう一つ目的があって、某所で知り合った方々がサークル参加していたので挨拶まわりを適当にしつつ、薄い本を買い漁りました(笑)

最終日に買った同人誌はこちら。
イメージ 10
ご存知の通り同人誌は商業誌に比べてページ数の少なさの割りにやや高価なので購入は慎重にせねばなりません!
つまり立ち読みして厳選しなければ(自分にとって)はずれを引く可能性があるので内容チェックは入念にしましたが、前述の通り、横に女の子がいて、しかも男性向けのえっちぃ同人誌が並ぶサークルのブース内でそれをやったのだから、セクハラ以外の何者でもありません!

イメージ 11
「これじゃクレオパトラとのデートが台無しだぜ!」

…すみません。台無しにしてしまったのはこの自分です…
これじゃ彼女ができないのも無理はないな…(そもそも女の子に声を掛けられないぐらいは奥手だし)


今年最後のブログがゲームとは関係ない内容どころか、
「若くて可愛い女の子最高!」
となってしまいましたが(笑)、いつも当ブログを愛読いただいた皆様ありがとうございました!

ではよいお年を!

イメージ 1
異物混入事件で販売を自粛していた『ペヤングソースやきそば』が数ヶ月ぶりに復活ということで、流行に弱い私は当然買ってきました(笑)
 
単なる販売再開だけでなく、パッケージの仕様が変更され(蓋がアルミシール式になっている)、湯切りがやりやすくなったのが好印象です。これでお湯を捨てる時にうっかり中の面を流さずに済みます(笑)
あくまでリニューアルされたのはパッケージだけで味は一切変わらないのですが、ロングラン商品だけにそれがかえって安心して買えます。
 
ところで「ぺヤング」「ペア」「ヤング」の造語のようで、「若いカップルが仲良く食べてほしい」という願いで付けられたようですが、
そもそもそんなカップル見たことない!!
 
…せっかくペアで買ってきたのに一人寂しく食べるしかないのか…独身はつれえ(涙)
 
 
 
 
話は変わって、『月刊少年マガジン』で連載していた『修羅の門 第弐門』が今月発売号でついに完結しましたね。
イメージ 2
イメージ 3
『修羅の門』は第4部で一度連載終了し、そして14年後に連載再開されるのですが、連載再開のアナウンスがあったときは「あのまま終わってもよかったのに…」と思っていました。
主人公・九十九の父親かも知れない人物・ケンシン前田の話や、海堂晃と片山右京の試合の行方は当初は気になりながらも一度連載が終了しましたが、この長い休載(?)の間に「曖昧なままな方が余韻があっていいのかも知れない」と思うようになり、連載再開は嬉しいと思う反面、微妙な気持ちになったのも確かです。
 
14年後についに再開された内容には色々と思う事があって、先述のケンシン前田や海堂と片山の決着が明かされるのは最終回間際で、それまで随分と遠まわしに展開していたな、と思いました(笑)
それでも現実の格闘技事情に合わせるために第4部終了から第弐門の劇中の時間の流れを3年にしたのは正解だと思います。14年前と現在とは格闘技事情はかなり異なるので、あの話の流れのまま再開したら、従来のファンならともかく新規読者に古い印象を持たれかねないですからね。
 
とりあえず、第四部終了後に気になった部分は全部解消したのでこれ以上の連載継続は望みません。劇中に登場する格闘マガジンの編集部の台詞をパクるなら
「修羅の門の続きよりも明日の川原先生の作品を読みたい」

『週刊少年ジャンプ』『週刊少年チャンピオン』(こちらは絶賛休載中)で人気を博し、今年で30周年を迎える車田正美原作のコミック『聖闘士星矢』
 
それにあわせ、本編のスピンオフアニメ『聖闘士星矢 黄金魂 soul of gold』がバンダイチャンネルなどで第一話が配信されましたが、ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでは4/29に同作のイベントが開催されました。
 
 
まず会場で目につくのは本編の主人公、獅子座のアイオリアが纏うことになる神聖衣(ゴッドクロス)の等身大模型。
イメージ 3
全体が金メッキでありながらも気品のあるデザインはさすが神聖衣!
「着てみたい…」と思ったけれど、今の体型的に無理だな(笑)
 
 
イメージ 1
イメージ 2
本編の舞台となる北欧アスガルドをバックに黄金聖闘士(ゴールドセイント)の左からシャカ、アイオリア、ムウ。この三人に蠍座のミロを含めた四人は前エピソード『冥王ハーデス十二宮編』の実質の主人公として活躍しました。
 
 
 
その他、会場にはアニメ『聖闘士星矢』二十数年間の歴史の中で発売されたバンダイのフィギュアシリーズの一部が展示されていました。
 
 
こちらは最初のアニメ版が放映されたときに発売された(80年代)、『聖闘士聖衣大系(セイントクロスシリーズ』
イメージ 4
あまりにもの絶大なブームのため、バンダイの工場では足りず、全国の仏具のメッキ工場を総動員してまで生産したという伝説を作り出した男児向け玩具。
当時はファミコン全盛期ということもあり玩具が売れなくなった時代でしたが(これはガンプラも例外ではなかった)、そんな冬の時代にも関わらず日本国内だけで総売上1,000万個は驚異としか言いようがありません。
素体フィギュアは統一サイズなので別キャラに聖衣を着せることができるのがよかったですね。
あとは黄金聖闘士のアンダーシャツはアニメ・原作とは違い、黒色に統一されているというアレンジがありますが、それが返って高級感を生み出していい感じです!
 
 
 
 
OVA『冥王ハーデス十二宮編』発売にあわせて展開された「神話(マイス)」シリーズ
イメージ 5
イメージ 6
最初期に発売された青銅聖闘士の素体(1st素体とも言われる)を使っているだけあり、頭でっかちで、顔などの造形が甘く、可動範囲も狭いなど、EXシリーズが発売された今の目で見ればかなり見劣りしますが、「パーツの差し替えによる原作版・アニメ版の再現」ができるこだわりの作りが素晴らしかったです。
また、顔の造形を作り直した「アペンディックス」シリーズといったオプションパーツが多く発売されたのも特徴でした。
 
 
 
「神話」シリーズよりもさらに技術的に進化した「EXシリーズ」による嘆きの扉ジオラマ。聖闘士星矢 黄金魂 soul of gold』はこのシーンの直後より開始されます。
さすがそれまでの技術の蓄積が反映されているたけあって、顔の造形といい、可動範囲の広さといい、まさにマイスシリーズ最終形態です!
イメージ 9
 
とにかく、小学生時代をジャンプアニメ(コミック)で過ごした私にはとても見応えのある展示で、これを無料で開放するバンダイは素敵すぎです!
この春は劇場版の公開にあわせて『ドラゴンボール』や、最終回をむかえたばかりの『NARUTO』など、各地で関連イベントを行い、会場を賑わしているそうです。
ジャンプ作品はいつの時代になっても少年心を掴んで離さない魅力があります。
 
…ところでHUNTER×HUNTERはいつ連載再開するんですか?
 
 
 
 
 
 
我ら『妖怪ウォッチ』も(?)、星矢30周年に合わせてか、来週の放映分には「魔ガサス」というペガサス型の妖怪が登場するようです。
イメージ 7
イメージ 8
君は小宇宙(コスモ)を感じたことがあるか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…俺はない…
 

↑このページのトップヘ