カテゴリ: レトロゲームネタ

ホットビィのファミコンRPG『星をみるひと』の発売日問題(一部メディアによって発売日の記載が異なる)について触れている、ノヒイ ジョウタ氏によるnoteについて。


まずはじめに、星をみるひと関係なしに当時のファミコンの流通やメディア展開がどうだったかも知ることもできる資料性高い記事で、関係者への聞き込みや周辺事情の調査、考察からしてハイレベルで、いつかは一冊の本として出して欲しいクオリティ。
前回までは流通方面で調べても正式な発売日がわからなかったから、今度は生産から調べてみよう…という記事だけれども、当時起こった深刻なROM不足と、それに関連して同時期に発売延期された他のファミコンソフトで考察してみるとは普通はなかなか思い付かないし、着想が凄い。

確かに一部のメーカー(ナムコやバンダイやジャレコ 等)を除いて、今回の『星をみるひと』をはじめとしたサードパーティタイトルも一括して任天堂が生産しているわけで、そこから結び付くんじゃないかという考えだけれど、先述のROM不足から任天堂はハドソンの『桃太郎伝説』の製造を優先させた…という仮説はとても興味深い。


当時のハドソンは高橋名人ブームによって抜群の知名度を誇ったり、小学校高学年中心に爆発的人気のコロコロコミックでハドソンタイトルを独占的にプッシュされたり、桃伝スタッフ自体もジャンプ放送局で有名なさくま&土居コンビが関わっていたり、何よりファミコンが熱狂的なRPGブームだったからこそここできちんと生産して売らないと機会損失になる…という考えは確かに納得できる。事実、桃太郎伝説は最終的に100万本売れたのだから、もしこの仮説が正しければ任天堂の判断は正しかったわけだ(笑)

なお当時のROMカートリッジは製造に2〜3ヶ月掛かるので、メディアへの発売日延期のアナウンスは入稿のタイミングを考慮しても余裕で間に合った筈だから、他のメーカーはきちんと告知したのに、ホットビィだけが告知しなかったのかについては記事にある通り様々な政治があったんだろうなあ…。

しかし、好きな人がいたら申し訳ないけれど、星をみるひとを発売日に買おうとしたら、告知なしの発売日延期で店頭には置いておらず、止むを得ず桃太郎伝説を買ったユーザーが少なからずいたと思うと、これはこれでいい話だな(爆)








●ダーナじょしんたんじょう
IGSのメガドライブソフト『ダーナ女神誕生』、多くの文献では『ダーナめがみたんじょう』と書かれてたりするけれど、それに対して毎回反論してたんだよね。

実際は「ダーナじょしんたんじょう」と読むんだけれど、肝心の情報ソースがゲーム番組である事以外は全然思い出せずずっと途方に暮れてたら、ある日マダオ氏(@madao2005)からテレビ東京『Theゲームパワー』1991年12月10日放映にて紹介されてたとの情報が。
リンク先動画の5:30辺りを参照。
メガドライブユーザーは面倒臭いなーと思うかも知れないけれど、もしダーナを絶賛している人で「めがみたんじょう」と言ってる人が居たら「じょしんたんじょうだ!」と言い返してやってください。うざったいと思われるでしょうけど。そもそもダーナ好きなんてそうは居ないだろうけど(爆)

先月だったか先々月辺り、SNSでドリームキャストのGD-ROMが未開封なのに腐って起動しなくなったと話題になってたけれど、今度はプレイステーションポータブル(以下PSP)のバッテリーが経年劣化で膨らんで充電しなくなったと話題になっていて、レトロハードの保管の難しさを実感する。

PSPをレトロハードと呼ぶとレトロゲーム好きのおっさん達に反論されそうだけれど(笑)、バッテリーは数年単位で使用しないと膨れるようになっている訳で、つまり多くのユーザーが現行ハードとしてPSPを使ってないからこのタイミングで話題になったんだよね。

中には対応策として定期的に充電すれば問題はないという意見も聞くけれど、興味がなくなったハードに対して定期メンテナンスは正直なので、後悔したくなければPSPに興味を持ち続ける事!
と言っても現実的には無理だよね。いつの間にかゲームに興味を無くし、数十年後に再燃してレトロゲームを集めている人を見ると(汗)

しかし今回はまだバッテリー問題だから交換すれば大丈夫だけれど、次の問題はUMDドライブになりそう。メーカーによるサポートが終了した今、UMDドライブが死んだら(CFWに関してはここでは触れない)終わりだけど、かと言ってサポート終了にイチャモンをつけるのもどうかと思うんだよね。
アフターサービスなんてユーザーが居続けているから成り立っているからであって、実際のところ数年以上もPSPを起動せずにバッテリーを駄目にしている非現役ユーザーがここまで多いのを見るとソニーを責めるのはあまりにも可哀想。

だから気になったゲームは老後の楽しみとは言わず今すぐやれ!持ってなければ今すぐ買ってやれ!と言いたい。

安い中古ソフトが見つかるまで探す人もいるだろうけれど、ハードとメディアの寿命で、せっかく安く手に入れてもその頃には遊べなかった…となり兼ねないけれど、今まで買わずに何年も放置する程度の興味ならば仕方ないのかも知れないけれども(汗)



ところで、PSPのバッテリーについて職場の二十歳くらいの新人に話たら
「プレステに携帯機出してたんですか?」
と言われ、ジェネレーションギャップにショック死…

確かにPSPは20年近く前のレトロハードとはいえ、PSP全盛期に出たモンハンポータブル2ndGやってたであろう当時の高校生も今は既にアラサーなんで、知らなくとも当然なんだろうな。
しかもその子、
「モンハンって元々3DSのゲームじゃなかったんですか?」
と言ってくるし…当時のプレイヤーが聞いたら怒りそう(汗)

ちなみにPSVitaも同様に存在を知りませんでした。たかだか10年近く前のハードとはいえ、代表作といえるようなタイトルがないとゲーマー層以外にはそんな反応なんだろうなあ。





●GB、GBカラー、GBAのソフトが遊べる互換機登場
ゲームボーイシリーズだけでなく、別売アダプタを用意すればゲームギア、ネオジオポケット、アタリリンクスに対応。しかも別売ドックを買えばそれらをテレビに繋げるという仕様は、レトロフリークの携帯ハード版を待ち望んでた人には朗報では?

特にアタリリンクス辺りだと発売から30年も経つだけに動態保存されている本体も希少だから、ソフトだけあっても動く本体がない…という人にも重宝しそう。

気になる価格は、本体のみだと現地価格で199.99ドルとの事だから、ちょうどレトロフリークの当初の価格帯になりそう。
これはレトロフリークの時も思ったけれど、操作遅延と対応ソフトの互換性が気になるなあ。





●Switchサムライスピリッツネオジオコレクション購入!
IMG_4566
アケアカNEOGEOで配信されたサムライスピリッツシリーズは全て買ったのにも関わらず、幻のネオジオサムスピ最終作が遊びたいが為に購入。
この幻のサムスピ、20年近く前にゲーセンでロケテされてた噂がある曰く付きなんだけれど、このソフトにはその関係者によるインタビューが掲載されると聞いて、かなり気になったのも購入の理由の一つ。

そういえばサムスピはネオポケで出てたヤツ以外はクリアしてなかったのを思い出した。まあネオジオ格闘は普通にどれも難しいんだけれど(汗)

IMG_3948
本日でハドソン(現コナミデジタルエンタテイメント)のファミコンソフト『魔神英雄伝ワタル外伝』が発売されて30周年になるんだけれど、その当時はTVシリーズのワタルが好きだった事もあり(ちなみに発売数週間前にワタル2が放映が開始されたばかりだった)、小学校の卒業祝いに親に買ってもらった思い入れが深いタイトルだったりする。
その思い入れは、発売日がそのまんま小学校の卒業式と同日だっただけに、毎年卒業式シーズンになる度にワタル外伝を思い出すほど。

発売から30年も経つゲームをここまで状態を維持しているくらいだしね(笑)

本作のジャンルはアクションRPGで、移動シーンは当時のドラクエみたいに上から見下ろしの2D画面で、戦闘はランダムエンカウント制でサイドビューのアクションゲームに切り替わる方式。セガの『ワンダーボーイ モンスターランド(ワールド)』で知られるウエストンが開発によるもので、メインスタッフも共通ということもあって戦闘シーンの操作感はまんまモンスターランド(今思えばアーケードゲームのエンジンをファミコンソフトでそのままの形ではないにしろ使われてるのは贅沢だよな)。

流石に今遊ぶとエンカウント率が高かったり(そもそもハドソンRPG全般がエンカウント率が高い)、徒歩スピードが遅かったりと、正直厳しいゲームだったりするけれど、この辺は当時のファミコンRPGでは一般的だったので、そんなことは気にせず当時はそれこそ無我夢中で遊んだなあ。その勢いで中学校の入学式まで2周したほど凄くハマった。今思い返しても後半に登場するドラゴンの異常なほどの強さだけは厳しかった…(汗)

そういえば、2Dマップにサイドビューのリアルタイムバトルという構成は後にバンナムが出したスーファミRPG『テイルズオブファンタジア』を彷彿させるよね。一部でバランスが厳しいところも共通だけど(笑)





●CONTINUE SP PCエンジンを購入
IMG_3978
Amazonでの在庫が切れたので購入を諦めてたら、ふと寄った駅前のヤマダ電機で売ってたので買ってきた。
全タイトルレビューはあまり期待せず、ときメモ開発者の永山氏インタビューや天外II開発の岩崎氏のロングインタビュー目的だったので税込3300円は痛かったけれど、これによって新たに知った事もあったのでまあいいかなと。

しかし、ハドソンの上層部ってこの時期から現場への口出しがうるさかったのね。以前TwitterでPS版『桃太郎伝説』の当時の開発者がエンカウント率が異常に高いのはハドソン重役の「すぐにクリアされるから駄目」という指示だったから改悪された(要約)と暴露されてたけれど、『天外魔境II 卍丸』も例外じゃなかったのか(結局ハドソン側の指示を従わずそのまま通したとの事)。そういえばさっきの『魔神英雄伝ワタル外伝』もエンカウント率が高いと書いたけれど、それもハドソン側がウエストンに指示を出したからかな?
現場の事は知らないので素人考えになるけれど、ハドソン上層部がゲームに理解がなかったから1994年当時でもコンセプトが意味不明だったPC-FXを出すんだろうなあ。なんだよポリゴン使わなくても大量の絵を予め用意すれば同じ事とは(笑)




●ファミ通PCエンジンmini特集にて
IMG_3977
PCエンジンmini収録タイトル紹介で『J.J.&JEFF』のところ。日本では『カトちゃんケンちゃん』として発売されたタイトルだけれど、ファミ通の誌面でもダメだったのか日本版タイトルさえ記載ないのね。
だけどファミ通ライターがうまいと思ったのは見出しの「ごきげんアクション」の部分。もともと『カトちゃんケンちゃん』は当時TBSで放映されたバラエティ番組『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』のワンコーナーのゲーム化だったんだけれど、ファミ通ライターはせめての抵抗意識でカトちゃんケンちゃんの名前が出せない代わりに番組名の「ごきげん」を見出しに使ったんだろうと思うと、さすがプロは違うと思った(笑)

IMG_3973
IMG_3974
Nintendo Switch版の発売を楽しみにしてた割には他に遊ぶゲームが多すぎて、今頃になって起動したタイトーの『ニンジャウォーリアーズワンスアゲイン』だけど、先日『幻影異聞録#EFアンコール』をクリアした勢いでプレイし、数回のコンティニューで何とかクリア。

結論から言うと、面白かった。以上!

…じゃ寂しいので、感想でも。

今となってはかなりストイックなアクションゲームだった『ニンジャウォーリアーズ』をベースに、グラフィックや音楽やステージやキャラクター等多くの要素を一新し、投げ技や連続技やボンバーといった新アクションを多数加えたのがスーパーファミコンの『ニンジャウォーリアーズアゲイン』で、本作はそれのリメイク。

初回プレイはクノイチを選んでのプレイ。
アーケード版と同様に回転ジャンプで敵との間合いを詰めていき、敵に近づいたら連続技を決めて、敵が攻撃をしてくる素振りを見せたら回転ジャンプで逃げて、時間と共に回復するゲージが満タンまで貯まったらボンバー…で行けばなんとかなる難易度かな?

…と思ったら甘かった…。
ラスボス戦が大変で、なんと直接攻撃もボンバーも効かず、投げた敵をボスに当てないとダメージを与えられず、ここだけで何時間と時間が奪われた…。
クノイチだと投げられる方向や判定的にかなりシビアだったので、クノイチでクリアするのを諦めて、コンティニューの際にニンジャに切り替えて再挑戦し、何度目かの挑戦でクリアできたんだけれど、それもあと1発ダメージ食らったら終わりだったというギリギリさ。

タイムアタック狙いじゃなければ、ひたすら攻撃を避けまくって、ゲージが満タンになったらボンバー!を繰り返したら、ラスボスまではそこまで難しいゲームじゃないと思うけれど、それじゃあまりにも大味すぎるゲームになるからと、せめてラスボスだけはあんな闘い方になったんだろうな。しかし、ラスボス戦だけ異様に難易度高すぎだろうに…

個人的にはラスボス戦以外は物凄く面白いゲームだと評価する。
でもアクションゲームをそこまで遊ばない自分でもクリアでも出来るのだから難易度はもしかしたら低いのかも?(笑)

クリア後のボーナスとして新キャラクターが使えたり、オリジナルのアーケード版やスーパーファミコン版の曲で遊ぶことができるんだけれど、最初からアーケード版の曲が聴けなくてよかった。もしそれが可能だとすると、アーケード版リアルタイム世代がプレイしたらずっとアーケード版の曲しか聴かなさそうだしね(笑)

IMG_3871
先日NHKで放映してた「全ファイナルファンタジー大投票」、残念ながら当日は都合がつかず番組は観ていないので結果だけ見たけれど、投票者の年齢層が30代中心だけに彼らの世代であろうプレイステーション1&2で発売されたシリーズが上位になっていたのが興味深い。

個人的に、野島一成氏がシナリオを担当した作品(VII、VIII、X、XIII、XV等)が上位になるのは予想内だったけれど、当時はメディアでの公開が規制された上に発売時期がもう一つの超話題作であった『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』と被ってしまったが故に歴代シリーズでも陰が薄かった『ファイナルファンタジーIX』が4位だったのは意外な結果で面白い(笑)

今回の投票で一位を獲得したPS2ソフト『ファイナルファンタジーX』は今から19年前の作品なので、当時15歳だとすれば現在34歳。今のアラサーにとってPS2時代の作品でさえ十代の頃の作品なのだから、彼らがリアルタイムで体験していないファミコン時代の作品が下位になるのはやむを得ないかな?
とはいえ、若者に対してルーツを知ってもらうために今回の大投票ではランキング圏外だった初代のファミコン版をやらせるのはシステム的にも処理速度的にも厳しいから、遊ぶならば遊び易く作り直されたリメイク版かな?当時の名作が何十年と変わらずに遊べるかどうかはまた別だからね。
「ファミコン版はぬるい!オレなんか処理速度や読み込み時間が死ぬほど遅いMSX2版でクリアしたぞ!」というおっさんの声は無視してよい^ ^

ところでNHKさん、ファイナルファンタジーの次…といえばわかりますよね?次回はドラゴンクエスト大投票をお願いします!




●幻影異聞録#FEアンコール進捗
IMG_3872
相変わらず第三章インターミッションから進んでないけれど、現時点でのパーティ全員レベル99に上げた上で、さらにステージランクを最大の20まで上げた。プレイ時間にして45時間。
パーティを強くしすぎると戦闘での緊張感がなくなると言われるけれど、チマチマとキャラクターを強化していく作業が楽しくて、RPGをやる時は可能な限りレベルを上げてしまう。近年のRPGだとドラクエXIや真・女神転生DSJもレベルMAXまで稼いだっけ。

RPGの稼ぎといえば、『ファイナルファンタジーII』も戦闘中に味方へ攻撃を仕掛け続けると序盤でかなり強くなれる作りになっているけれど、それがあまりにも楽しくて、数値を最高値に上げたところで満足してしまって肝心のシナリオが進めずじまいになってしまうんだよね(汗)

そうそう、FFIIといえば「のばら」だよね。というかそれしか思い出せないほどシナリオ忘れてる(爆)

↑このページのトップヘ