タグ:漫画、コミック

先日の連休の日曜、連れと一緒に六本木ヒルズで開催のジャンプ50周年展に行ってきたので軽くレポート。
イメージ 6
当日秋葉原ではMI68やってたのですが、連れと一緒に行くタイミングがこの日しかなかったので断念。それに今やっている創刊~80年代の展示は今月15日までなのでこちらに行く事に。あるきちさん(MI68主催者)次は行きますのでよろしくお願いします(汗)
 
それにしても六本木って大井町から行くの大変だよなあ。乗換えが2回もあるし、地下鉄の通路は狭っくるしい上に臭いが独特すぎて受け付けられないし、六本木まで通勤している人はすごい…通勤といえる通勤をまともにしたことがない人間がいえたこと無いですが(爆)
 
会場内は撮影禁止なので文章説明とさせていただきますが、ジャンプ創刊からの89年までの歴史が作品解説や原画、関連グッズを通してわかりやすく展示されているのが好印象でした。89年までの作品だけでも数百に及ぶ膨大な数で、大きくスペースを取っている作品はジャンプ作品の中でも超ヒット作品に限られていますが、その時代を代表する作品でもあるので、そこは文句はありません。
生原稿が見られたのも大きな収穫ですが、冨樫義博先生が見た瞬間、作画面で自信を失ったといわれる萩原一至先生の『BASTARD!!-暗黒の破壊神-』の超絶美麗な生原稿の裏にはホワイトによる修正が多数見られたり、迷いが無いペン入れとスクリーントーンに頼らない白と黒のバランスが美しい鳥山明先生の生原稿の完成度など、読者にとっては印刷されたものしか見ることができない原稿一つとってもここまで性格が出るものかと感動。
というか、古くは永井豪先生の『ハレンチ学園』や本宮ひろ志先生の『男一匹ガキ大将』の原稿が50年経った今でも状態維持も含めてきちんと保管されているのは凄いですね。反面、創刊号に掲載され、その創刊号の表紙を飾った梅本さちお先生の『くじら大吾』の原稿はなかったのか当時のジャンプからの展示でした。今の作品の多くはデジタル入稿なので生原稿と言われてもピンと来ない世代が将来出てきそうです(笑)
 
その他、そして手塚治虫御大がジャンプで作品を発表してた過去を初めて知ったり(手塚先生はむしろチャンピオンのイメージ)、永井豪先生の『マジンガーZ』に至っては大人の事情か全く触れられていませんでしたのも発見ポイントでした(汗)
 
なお展示内容の雰囲気は会場内で販売されている図録でフォローしているので機会があれば是非。
イメージ 1
3,600円とやや高額ですが、大きくてしっかりした紙質で、しかもボリュームも申し分なし。ジャンプに掲載されたレジェンド作家のインタビューも再掲されて満足度が高いです。特に本宮ひろ志先生がジャンプについて語るなんて近年では珍しいと思います。
 
会場を出てすぐにあるコラボカフェで食事することに。
イメージ 2
1,680円という高価なので一つしか頼まなかったのですが、連れはドラゴンボール
イメージ 3
自分はキン肉マンを注文しました。
イメージ 4
キン肉マンの方の具はキン肉マンの好物である牛丼の具みたいな感じで、直接手で食べようとすると崩れて中身の具が落ちてしまうという…(汗)
仕方ないのでナイフとフォークで食べたのですが、ハンバーガーをナイフ・フォークで食べるなんて過去に高級バーガーを食べた一度だけですよ!(笑)
ちなみにトサカの部分まで食べることができ、中身はエビセンでした。見た目ダンボールっぽかったけど(笑)
イメージ 5
 レポートを書いたものの、全然ジャンプ展の魅力が伝わない内容となってしまいましたが(汗)、80年代の小学生時代をジャンプ作品で過ごした私(正直云うとコミックよりもアニメ派でしたが)にとっては胸を熱くさせる内容でした。繰り返しになりますが、創刊~80年代編は今月15日までなので興味ある方はお早めに!

イメージ 1
先日、ちょっとした興味でヤフオクで『美味しんぼ』のコミックス36~40巻をヤフオクで落札しました!落札価格640円!
本当は「ラーメン戦争」収録の38巻だけでよかったのですが、ネット検索をしてたらこのセットが一番お得そうだったのでヤフオクで入札したらそのまま落札できた次第です。
 
何故、この回に興味を持ったかというと、ネットでよくネタにされる「ラーメン三銃士」の存在。
イメージ 2
 
ネットでよくコラ画像でネタにされていますが、個人的にはプロテインダイエット
のサイトの再現度が凄まじくてもう最高というか(笑)
イメージ 3
気合入れすぎだろwwwwww
 
それはともかく、個人的に興味を持ったのが作中に登場するパソコンが富士通のFM TOWNSというのが興味深い。
イメージ 4
作者の雁屋哲先生は現在マッキントッシュに入れ込んでいることは一部で有名ですが、その前に作者が入れ込んだハードがFM TOWNSではないかと思われます。
作者の趣向がそのまま作品に反映されるので(そのせいでマイクロソフトと揉めた経歴もあり)、少なくともWindows95が発売される前はFM TOWNSを愛機にしていたんでしょうね。
イメージ 5
個人的にFM TOWNSは『達人王』で興味を示してたのですが、結局買わず仕舞いで今に至りますが、買ったところで難しくて投げていただろうから結果的に買わずに良かったのかも知れません(笑)
そもそも、当時高校生の身分で高額なFM TOWNSなんて買えるわけがないのですが。
 
肝心の「ラーメン戦争」の話ですが、なんとこの38巻一冊分の大作エピソードで、ラーメンバトルになる経緯や、ピンチ時に現る人物が主人公の宿命のライバル(?)だったりと、まるで少年漫画みたいな熱い展開は単なるネットネタだけで終わらせるには勿体無いので、未読の方は一度は読んでおくことをオススメします。そして、日本人がなぜラーメンを好むか、という結論まで語っているあたりも深く掘り下げているのもよかったです。

イメージ 1
異物混入事件で販売を自粛していた『ペヤングソースやきそば』が数ヶ月ぶりに復活ということで、流行に弱い私は当然買ってきました(笑)
 
単なる販売再開だけでなく、パッケージの仕様が変更され(蓋がアルミシール式になっている)、湯切りがやりやすくなったのが好印象です。これでお湯を捨てる時にうっかり中の面を流さずに済みます(笑)
あくまでリニューアルされたのはパッケージだけで味は一切変わらないのですが、ロングラン商品だけにそれがかえって安心して買えます。
 
ところで「ぺヤング」「ペア」「ヤング」の造語のようで、「若いカップルが仲良く食べてほしい」という願いで付けられたようですが、
そもそもそんなカップル見たことない!!
 
…せっかくペアで買ってきたのに一人寂しく食べるしかないのか…独身はつれえ(涙)
 
 
 
 
話は変わって、『月刊少年マガジン』で連載していた『修羅の門 第弐門』が今月発売号でついに完結しましたね。
イメージ 2
イメージ 3
『修羅の門』は第4部で一度連載終了し、そして14年後に連載再開されるのですが、連載再開のアナウンスがあったときは「あのまま終わってもよかったのに…」と思っていました。
主人公・九十九の父親かも知れない人物・ケンシン前田の話や、海堂晃と片山右京の試合の行方は当初は気になりながらも一度連載が終了しましたが、この長い休載(?)の間に「曖昧なままな方が余韻があっていいのかも知れない」と思うようになり、連載再開は嬉しいと思う反面、微妙な気持ちになったのも確かです。
 
14年後についに再開された内容には色々と思う事があって、先述のケンシン前田や海堂と片山の決着が明かされるのは最終回間際で、それまで随分と遠まわしに展開していたな、と思いました(笑)
それでも現実の格闘技事情に合わせるために第4部終了から第弐門の劇中の時間の流れを3年にしたのは正解だと思います。14年前と現在とは格闘技事情はかなり異なるので、あの話の流れのまま再開したら、従来のファンならともかく新規読者に古い印象を持たれかねないですからね。
 
とりあえず、第四部終了後に気になった部分は全部解消したのでこれ以上の連載継続は望みません。劇中に登場する格闘マガジンの編集部の台詞をパクるなら
「修羅の門の続きよりも明日の川原先生の作品を読みたい」

イメージ 1
先週末行われたコミックマーケットですが、当然のごとく行きました!
 
昨年の夏コミは猛烈な暑さで気が滅入りましたが、今年は天気が不安定だったものの割りとすごし易かったでしたね。
 
残念ながら当日は休みが取れず、なんと仕事の休憩時間を使って行った為、部屋に帰ってシャワー浴びて裸のまま意識が飛んでしまった日が三日続きました。さすがに37歳にもなると体力が持たないようです…
 
イメージ 2
買ってきた同人誌は、ゲームクリエイター岩崎啓眞氏の野島一成(ヘラクレスの栄光シリーズ、ファイナルファンタジーシリーズのシナリオライター)作品について触れた本と、バンダイナムコゲームズ所属のデザイナー遠山茂樹氏について触れた本、そしてアニメーター故荒木伸吾本2種の合計4冊。
 
我ながら趣味に走ったなあ、と思いますが、それも含めてコミケの醍醐味です。
 
そして、コミケ限定販売のスポーツドリンクも記念に購入。
イメージ 3
相変わらず絵柄が可愛いですね(笑)
 
コミケ三日目は演歌界の女帝小林幸子さんが一般ブースで参加されてたそうですが、人気がありすぎてグッズにはありつけないどころか、本人にすら会えませんでしたが、この過酷な環境でも元気いっぱい対応していたとのことで、さすが年中ハードなイベント数をこなしているベテランは格が違います(笑)
 
あと、三日目のちょっとえっちぃコスプレDVDの売り子をしていたコスプレ女性の過激すぎる衣装には目の保養になりました。みなさん、おぱーい大きすぎ(爆)
 
今回は休みがなかったこともあり会場での滞在時間が短く、知人に会うこともできませんでしたが、今年の11月16日(日)に埼玉の川口で行われるゲームレジェンドには一般で参加しますので、もしよろしければみなさんとお会いしたいですね。

今日は12月31日。今年最後の記事になります。
 
世間では大晦日とはいえ残念ながら私は午前3:30出勤という早朝から仕事でしたが、それでも午後からコミケに行きました(笑)
イメージ 1
 
昨日も今日も、仕事あがりが14:00→コミケ(16:00閉会)だったので体力がクタクタ。正直ブログ更新する体力が辛うじて残っているぐらいです(笑)
 
そんな中で購入した同人誌はこちら
 
イメージ 2
P6本とセーラームーン資料本とカイジのパロディ本です。
 
P6本の作者であるわんにゃーHashiさんと少しお話をしたのですが、遠くからコミケに参加される方の苦労を聞き、改めて同人活動は愛がないとできないな、と思いました。
 
Hashiさんの場合、彼が住む名古屋から東京まで往復で2万、さらに先月はゲームレジェンドに参加されているので、これを聞かされて東京に住んでよかった…
 
…いや、自分の場合、活動の幅を広げるために高校卒業後、東京に上京したんですが(笑)
 
 
ところで、今回のコミケを見てみると『艦隊これくしょん~艦これ~』『進撃の巨人』の一年でしたね。
実はあれだけ流行っていた『進撃の巨人』は一度もアニメも原作も触れていないんですよね。一時期流行った『魔法少女まどか☆マギカ』も一話の途中で観るのをやめてしまったし、キモオタを自称しながらもここ数年アニメも漫画も大して触れていないないんですよね。さらにいえば、部屋では滅多にゲームをしないという…
まあ、部屋で引きこもっているより、外に出て活動した方が面白いですからね(笑)
 
 
 
おまけの国際展示場駅前のローソンにて撮影。
イメージ 3
これを撮影したのはコミケ閉会後なのですが、見よこの在庫数。
この在庫、売れるのかなあ…
 
というわけで、今年のブログはこれでおしまいです。
今年は当ブログの常連さんのnazさんやGallさんに会えたし、来年も新たな出会いがたくさんあればいいなと思います。
 
…特にJK希望(爆)
 
ではみなさん、よいお年を!!
 

 
おまけ
 
イメージ 4
ニンテンドー3DSで今年の12月中に配信される予定の『鋼鉄帝国』ですが、あれから続報を聞きませんが一体どうなったんでしょう?
もう12月は今日で終わってしまいますよ、スターフィッシュさん?(笑)

↑このページのトップヘ